イベント情報
ここから本文です

[通年] Happyぼうさいプロジェクト

  ロゴ_ハピぼう2020.jpg
 
 

当センターでは長らく、”声なき声”となりがちな人たち(サイレントマジョリティ、サイレントマイノリティ)との何らかの接点づくりに重きを置きながら、あの手この手で取り組んできました。今年度からの新たなチャレンジとして、その観点に即しての「防災」を主題としたプログラム開発に取り組んでおります。(2017-2018年度=赤い羽根福祉基金 、2019-2020年度=独立行政法人福祉医療機構(WAM) 助成)。
 
事業の概要は、以下の通りです。また、取り組みの近況は ブログ日記 よりご覧いただけます。
 
 
【事業名】
サイレント層に重きをおいた防災・減災のためのプログラム普及
 
【事業内容】
1、実証実験(1年目/札幌市、岐阜市  4年目/北九州市、那覇市)
 
2、サイレント層のための防災・減災プログラム 先行事例調査
 
3、情報媒体の構築 および 発信
 
4、成果普及(ツール・報告会開催など)
 
5、講師派遣(研修、各種企画支援
 
第一線でご活躍の、下記のキーパーソンからなるアドバイザー会議も設置。
アド会議-3_170622.jpg
 
~~~~~ 計6名 ~~~~~
【災害対応のノウハウ(特に社会的弱者への配慮)】
  李 仁鉄さん
【被災経験を踏まえた受援者目線での地域連携のノウハウ】
  鹿野順一さん
【地域ぐるみでの防災のコーディネートのノウハウ】
  宮城 潤さん
  (那覇市立若狭公民館 館長、[指定管理者] 地域サポートわかさ)
【サイレントマジョリティ・マイノリティへの平時からの対応】
  芹田洋志さん
  (しょうがい生活支援の会すみか 代表理事)
【地方都市の主要企業のCSR担当】
  見村 和嗣さん
【情報流通のあり方】
  吉田 建治さん
  (日本NPOセンター 事務局長)